今建設×ZEH

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)

外皮の断熱性能等を大幅に向上させなおかつ高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支をゼロとすることを目指した住宅です。

低炭素化に向けた住宅の流れ

住宅としての違いは…

認定低炭素住宅

長期優良住宅

  • ・構造躯体等の劣化対策
  • ・耐震性
  • ・維持管理・更新の容易性
    • ・可変性
    • ・高齢者等対策
    • ・省エネ対策
  • ・居住環境
  • ・住戸面積
  • ・維持保全計画  等の制約

ZEH・Nearly ZEH

  • ・強化外皮基準:UA値=0.4[W/㎡K]or0.5[W/㎡K]相当以下(道南:2地域・3地域)
  • ・再生可能エネルギーを除き、一次エネルギー消費量の基準から20%以上の削減
  • ・再生可能エネルギーを含めて、一次エネルギー消費量の基準から100%以上削減(Nearly ZEHは、75%以上)

ZEHビルダーの公表・目標

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み

ZEHの周知・普及に向けた具体策
  1. 1. ZEH基準の家を建て、ショールームを行ない来場者に知見してもらうことにより、ZEHの優良性を認識してもらう。
  2. 2. 自社のホームページにて、ZEH内容を掲載し周知を図る。
ZEHのコストダウンに向けた具体策
  1. 1. ZEH基準のモデルを構築することで、施工の標準化、効率化図りコストダウンにつなげる。
  2. 2. 自社の大工を用い中間費用を発生させずにZEHを施工することでコストダウンを図る。
  3. 3. 外皮計算・標準1次エネルギー計算を自社内で完全実施し、コストダウンを図る。
その他取り組みなど
  1. 1. 各種研修会などに積極的に参加し、知識の向上に努める。
  2. 2. 社内でも知識の共有をし、意識向上を図る。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の目標・実績

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
ZEH受託率 0 10% 15% 20% 25%
NearlyZEH受託率 0 10% 15% 20% 25%
実績 0 --- --- --- ---